遠くへ行ったあなたの為の近況報告メカ
リネージュ2、ゴースティン鯖で活動する初心者日記。なぎメカ、やっとアビスウォーカーになれました編。 2日に1回くらいの更新です!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤白青
リネージュ2初心者による非リネージュ2プレイヤーの為のリネージュ2レポート。
この記事を読む人がどれだけいるのかはわかりませんが、
っつうかいて2人くらいだと思いますが、
それでも書いてみたいと思います。

第3回の内容は名前の色について。

リネ2ではプレイヤーの名前は主に白で表示されますが、
その他にも赤や青で表示されるケースもあり、
ネームの色によってプレイヤーの評価が一目瞭然にわかるシステムをとっています。
白、青、赤の他に紫もありますが、それほど大きな要素ではない為ここでは割愛します。

【白ネーム】

これについては特に言及することはありません。
基本の色が白、いわゆる普通の人です。

【青ネーム】

青ネーム

リネ2には評価という概念があります。
プレイヤーは規定数の評価ポイントを持っており、
他のプレイヤーを評価することができるようになっています。
辻buffをくれた、露店の価格が他の人より安く設定してある、
アデナアートがすばらしかった、レイド討伐の仕切りがスムーズだった、
など、評価するに値するなと思った人には誰でも評価を行えます。
もちろん友達どうしでの評価の交換などもアリアリです。
プレイヤーの持つ評価ポイントは毎日規定数まで補充されますので、
結構カジュアルに評価を行うことが可能です。
評価ポイントがある程度たまると名前の色が白から薄青、薄青から青に変化します。
青ネームになったからといって特に特典が得られるわけではありませんが、
それでも青ネームに対する憧れを持つ人はとても多いです。
青ネームはゲーム内での善意のリングを生む原動力となっています。

【赤ネーム】

赤ネーム


赤い名前の人を見たらなぎメカはとりあえず逃げます!
なぜならPKだから。
赤ネは孤高のプレイヤーキラー。
攻城戦以外の場で無抵抗の相手をPKするとめでたく赤ネキャラが誕生します。
赤ネームはとにかく目立ち、ゲーム内掲示板にはPK目撃情報なるスレッドが立つほど。
それほど忌み嫌われているPKですが、
目立つだけあってPKK、いわゆるPK狩りのプレイヤーに狙われることもしばしば。
赤ネームになった状態で殺されると、装備などの遺品ドロップ率が高くなる為、
赤ネになるには相当の勇気と度胸とキャラの強さが必要になります。
ちなみに赤ネームキャラにbuffやヒール等の支援を行ったキャラも
赤ネになるので注意しましょーね。
誰も支援をくれない、常に命を狙われる、負ければ大金を失う。
それほどの覚悟が必要な赤ネーム。
冒頭に”孤高の”と表記した理由はその辺にあります。
もちろんぼくもPKに会うのはまっぴらごめんですが><

さて、3つほどキャラ名の色について書きましたが、
どれもいい仕様なのではないでしょーか。
様々な遊び方の提供に一役買っているものと思われます。
スポンサーサイト
今日は戦闘についての触りをちょこっとだけ。
今日は初心者による非リネプレイヤー向けのリネ2解説っていうか、
リネ2って実際どんなもんなの?的なアレの第二段をやってみたいと思います。

なぎメカはアサシンというアタッカー職です。
最近クラン内ではターゲットリーダーとしての訓練を受けています。
で、自分の復習も含めて記事を書いてみようと思いますよー。

ということで今回は戦闘についてー!

画像はラグナロクオンラインですが気にしないように。
ドット絵は処理が楽なんです。
(画像の著作権はGravity社にありますよ。)

多くのMMOと同じように、リネ2の敵にも
アクティブ
リンク
ノンアクティブ
の敵がおりますよー。

敵が出現しました。

で、今回はアクティブの敵が出ちゃいました!
アクティブの敵はリングを持ってます。
このリングの大きさは敵の種類によってまちまち。
実際には上の図のように目には見えませんよー。

敵に気付かれました。

プレイヤーがリングに触れました!
アクティブの敵はこちらに気付いて襲ってきます!
しかし下のようなケースでは。。。

未反応。

プレイヤーの近くに敵がPOP(沸くこと)した場合には、
元からプレイヤーは敵のリング内にいますので襲ってきません。
まぁいつかはリングから出なくてはいけないので戦闘は避けられないのですが。。。
一応アクティブの概念は輪っかで成立してますよーて感じで。

で、ここからが特殊っちゃ特殊なんですが、

戦闘開始です。

前衛と敵が交戦中に・・・・

タゲが跳ねました。

交戦中の前衛にヒーラーが支援を行うと
敵はヒーラーにタゲを移すことが多いです。

リネ2の戦闘にはヘイト、というものが関係してまして、
敵がどのくらいこっちを憎んでいるか、
どのくらい攻撃したいかの数字が蓄積されていくんですねー。

スキルや行動によるヘイト値は明らかにされてはいませんが、
ヒールはかなり強いヘイトを生んでる気がしてます。
そりゃそうですよねぇ。
ぼくらだって今叩いてる敵にヒールする別の敵がいたら
そっちから殴りにいきますもんね。
だっていつまでたっても回復されちゃって戦闘終わらないし。

そんな感じで、前衛からタゲが外れちゃった状態を
”タゲがはねる”なんて形容してたりします。
なのでレイドの時の様な、タゲがはねやすい戦闘ほど
タンカー(壁役)の人の技量が問われてくるわけですね。

単なるクリックゲームかもしれませんが、なかなか奥が深いです。


今回は本当に触りの部分だけ書いてみました。
検証とか無理じゃね?
先日コメントに検証を望む声がありました。
遊び始めて1ヶ月足らずのプレイヤーにどんな検証を求めているのか。
まぁそれでもなんとかやってみようかと思いますが、
とりあえず今の時点でできることと言ったら検証というよりも
ゲームのご紹介と言った感じだろうと思います。
細かく言い出すと長くなっちゃってキリが無いんで、
でききるだけ触りだけ紹介していきたいと思います。
[検証とか無理じゃね?]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。